金沢・北陸の音色"> 金沢 長町武家屋敷跡界隈 意外な水の都 | 金沢・北陸の音色 金沢 長町武家屋敷跡界隈 意外な水の都 – 金沢・北陸の音色
translation

金沢 長町武家屋敷跡界隈 意外な水の都

金沢:用水がある風景  


どうも、ふぃじこです。

あまり世間に知られていない金沢の風景として、用水が挙げられます。

金沢と聞いて、用水が思い浮かべば、かなりの金沢通だと思います。

そんな、意外な金沢の姿をご紹介。

金沢は道を切り開く              

金沢 武家屋敷跡 足軽資料館

足軽資料館 裏手から

実は、金沢は全国でも有数の用水都市


金沢市によるとその数、実に55、長さはすべて合わせると150kmにもなるらしいです。

実際に、用水を見ると分かりますが、かなり水量が多いです。

これらの用水は昔からそのまま保存しているというだけではなく、わざわざ開渠(道路などで覆われた用水の覆いをとること)をして、表に出しているんです

だから、道を切り「拓く」ではなく、「開く」なんです。

武家屋敷でも使用  

             

知っておくと深く楽しめる金沢の街中を流れる用水は3つ。

【大野庄用】

武家屋敷の土塀に沿って流れる用水。

武家屋敷内の曲水に使用必ず目にします。

【鞍月用水】

香林坊などで開渠し、次々に復活。

明治時代には、富岡製糸場に次ぐ日本で2番目の規模の金沢製糸場の動力として使用。

今では用水沿いを「せせらぎ通り」と呼ばれ、観光スポット。

【辰巳用水】


兼六園の曲水、池に使用。


元々は金沢城の飲み水確保と堀を水壕化するのが始まり。

金沢駅のもてなしドームの水路も辰巳用水から分かれたもの。


金沢では知名度が一番高い

この3つの用水はいずれも、金沢の代表河川犀川から引き込んでいます。

いつから流れているのかは定かではない用水が多いのですが、多くは藩政期に整備されたもの。

金沢を代表する武家屋敷や兼六園はこれらの用水と深い関係があり、実用だけでなく曲水など金沢の伝統美の分野にも使ってきた歴史があります。

用水が無ければ、今の武家屋敷界隈の風情は全く違っていたんでしょうね。

金沢 鞍月用水

鞍月用水の様子

金沢での用水の使われ方

            

先ほど書いたように、昔は飲み水、水壕に使われてたのですが、それ以外にも金沢ではいろいろな使われ方をしてきました。

【友禅流し】


鞍月用水で行われてきました。
それ以外は、犀川・浅野川の河川で行われてきました。


【木材運】


金沢の金石港からの運搬。


【防火】


木造建築だらけですからね。


【融雪】


今でも雪すかしした雪を用水に捨てるんです。
意外と金沢は水が凍ることは少ないんです。
※「雪すかし」とは雪かきの金沢弁


【風情】


縁台に鉢植えをおいている家もあって、風情を演出している家もあります。

金沢市民にとっては、用水は日常のあたり前な風景として、溶け込んでいるんです。

まとめ 

                   

①金沢は全国有数の用水の都である


②用水と武家屋敷は切っても切れない関係で、実用だけでなく、伝統美にも一役


③金沢では現代も用水が金沢風情を演出。

いかがでしたか?あまり知られていませんが、金沢らしさを演出するのに、用水が大きな役割を果たしてるんです。

武家屋敷に来た際には、この用水と一体で楽しんでもらえると、魅力は倍増すると思いますよ。

アクセス

大野庄用水

鞍月用水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください