金沢・北陸の音色"> カニ解禁 2019年はいつ? カニ解禁 2019年はいつ? – 金沢・北陸の音色
translation

カニ解禁 2019年はいつ?

香箱カニ

 

金沢に住んでいるとほぼ1年中、
人に聞かれることがあります。

 

それは


カニの解禁日!!

 

金沢に限らず、北陸の冬の味覚と言えば、
ズワイガニ。

ズワイガニを好きな人すごく多いんですよね~。

 

その石川県のズワイガニについて、ご紹介。

 

2019年カニ漁解禁は11月6日

 

2019年は11月6日が解禁日です。
2020年も11月6日でしょう。
きっと、2021年も11月6日。


そうです。解禁日は11月6日午前0時と決まっているんです。

(一応年ごとに決められることにはなっていますが)


で、11月6日中にセリにかけられ、
7日に市場に出るという流れです。

 

漁期は12月29日までと、3月20日まで。

 

カニ漁の漁船

カニ漁は11月6日解禁

 

何故、終漁日が二つあるかというと、
メスとオスで分けられているため。

 

メスが12月29日、
オスが3月20日
です。

 

理由は、資源保護の為

 

オスは加能(かのう)ガニ、メスは香箱(こうばこ)ガニ 

 

金沢がある石川県で水揚げされた、
ズワイガニのオスを加能ガニ
メスを香箱ガニと言います。

 

 

ただし、オスがすべて加能ガニと呼ばれるわけではありません。

甲羅の幅が9cm以上のものが加能ガニと呼ばれます

 

この加能ガニの名前は、
石川県の地域区分の加賀・能登のそれぞれ頭をとって、
けられました。

 

 

石川県のブランド化戦略の一環で、
2006年に公募で命名。

 

 

ズワイガニって、3種類あるのを知ってた? 金沢市民が加能ガニ・香箱ガニのおススメ通販サイトも紹介

あなたが欲しいズワイガニはそれで合ってる?ズワイガニは3種類あります。その違いを紹介。また、本ズワイガニである加能ガニ・香箱ガニのおススメ通販サイトを金沢市民が紹介しています。


正直、越前ガニなんかと比べると、知名度がまだまだ。

同じズワイガニなんですけどね~。

加能カニ

写真はオスの加能カニ。写真提供:金沢市

 

香箱ガニは冬の味覚の女王  

香箱ガニ

冬の味覚の女王 香箱ガニ

       

メスの香箱ガニは、
オスの加能ガニと比べて体も小さく、
身も大きくないので、派手さは劣ります。

 

しかし、味はほのかに甘みがあり、
何より内子(うちこ)と呼ばれる甲羅の中にある卵が絶品。

 

香箱ガニ,内子,外子

香箱ガニの内子(うちこ)と外子(そとこ)。真ん中の赤いのが内子。これが絶品です。

 

小さい香箱ガニであれば、
700~800円程度の値段で購入可能。
普通に金沢市内のスーパーに並びます。

 

当然、漁獲量により、値段は上下しますので、
購入の際は金額の確認を。

 

金沢ではお味噌汁に入れたり、
カニ味噌と内子を混ぜて食べたりし、
オスの加能カニより食べる機会が多い。

 

内子好きの人の中には、
オスの加能カニよりも、
メスの香箱ガニを好む人がいる程。

 

香箱ガニのカニ味噌と内子

我が家全員が香箱ガニに目がありません。

 

でも、香箱ガニ、全国的には知名度がいまいち。
地元でほとんど消費され、
東京、大阪へはあまり出回りません。

 

先に書いたように、メスの香箱ガニはオスに比べて、
漁期が12月29日までと短いので、
水揚げが少ないのと、体が小さく、オスに比べて
インパクトがある派手さがない為らしいです。

 

ただ、最近では少しずつ、
東京でも扱う料理屋さんが少しずつ増えているみたいです。

機会があれば、是非お試しください。

 

ズワイガニは地域で名前が違う 

漁港の風景        

ちなみにズワイガニのメスを香箱ガニ、
甲羅幅9cmのオスを加能カニというのは
石川県だけ。

 

呼び方はオス・メス共に、
水揚げをした地域によって異なります。

 

同じズワイガニでも、
水揚げした地域がブランド化しているんです。

 

  • 石川県:オスを加能ガニ、メスを香箱ガニ
  • 福井県:オスを越前ガニ、メスをセイコガニ
  • 鳥取県:オスを松葉ガニ、メスを親ガニ

と呼びます。

 

近江町市場,加能カニ,香箱ガニ

石川県で水揚げされるズワイガニのオスは「加能カニ」・メスは「香箱ガニ」

 

まとめ 

                   

①北陸を代表する味覚 ズワイガニの漁解禁は
2019年は11月6日。

 

②地元ではオスよりもスーパーでお手頃価格で
買えるメスを食べることが多い。

 

③石川県では甲羅幅9cm以上のオスを加能カニ、
メスを香箱ガニと呼んでいる。

 

④香箱ガニの内子は絶品で、
身の大きいオスの加能カニよりも好む人がいる。

 

「加能カニ」は、甲羅幅9cm以上の
石川県で水揚げされたズワイガニのオスのこと
であると覚えておいてください。

また、身の小さいメスの「香箱ガニ」も
オスに劣らず、地元民に愛されています。

加能カニ、香箱ガニの両方を是非、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください