金沢・北陸の音色"> 金沢 地元の定番おやつをお土産にどうよ? – 金沢・北陸の音色 金沢 地元の定番おやつをお土産にどうよ? – 金沢・北陸の音色
translation

金沢 地元の定番おやつをお土産にどうよ?

アメリカンビーバー,ビーバー

どうも、ふぃじこです。

40代以上でないと知らないと思いますが、昔、アニメで「ロッキーチャック」って、アニメが放送されてたの覚えてます?

 

この前、友人Aとこの「ロッキーチャック」の話題で、揉めに揉めました。

馬鹿馬鹿しくて、いい大人の会話ではないが、その内容を。

 

友人A:「昔、ロッキーチャックって、アニメを朝やってたよな?」

ふぃじこ:「山ねずみ、ロッキーチャックやったっけ?」

友人A:「あ~ん?山ネズミ?ビーバーやろ?」

ふぃじこ:「いや、題名に山ネズミって入ってたと思うで」

友人A:「山ネズミが主役?格の上からはビーバーが主役やろ?っていうか、山ネズミって何?」

ふぃじこ:「山にいてるネズミやから、山ネズミちゃうん?そもそも、ビーバーが格上って何やねん。」

 

友人A:「じゃ~、GOOGLEで調べよう!」

友人A:「あっ!ほんまや。山ネズミってなってる!ビーバーとダム建設の水利権で揉めてるし!」

ふぃじこ:「ロッキーチャックって、そんな社会派アニメやったっけ?」

友人A:「ということは、金沢のビーバーも山ネズミになるんけ?」

ふぃじこ:「なんでやねんっ!!」

金沢の定番おやつ:ビーバー

ビーバー,金沢,お土産

ビーバーパッケージ

前置きが長くなりましたが、今回は金沢の「ビーバー」の話です。

 

この「ビーバー」の正体は揚げあられです。

金沢を含む石川県や富山県、福井県で売られてます。

 

特に石川県の知名度は抜群で、「石川県でおやつと言えば何?」と聞くと、ほぼ間違いなく名前が挙がります。

 

金沢お土産のばらまき用として、購入する人も多いです。

 

ビーバーとは?

ビーバー,金沢,お土産

ビーバーパッケージ裏面

 

こだわり

 

使用原材料:北陸産のもち米、日高昆布、鳴門の焼き塩等を使用するこだわりぶり。手揚げです。

 

製造

 

北陸製菓さん

 

カロリー

 

461kcal

 

アレルギー表示

 

小麦、えび、乳を含む製品と共通の設備で製造

 

価格

 

238円(税込み):参考小売価格

 

購入できるところ

 

北陸主要スーパー、コンビニ、北陸製菓オンラインショップ、北陸製菓直営ショップ「金沢彩匠」

 

 

昆布のうまみと塩味のシンプルな味付け。飽きが来ず、手が止まらなくなります。

食感はサクッサクッ。

 

名前の由来

 

1970年の大阪万博に出展していたカナダ館のビーバー人形の歯が、この揚げあられを2つ並べた形にそっくりだったのが由来。

 

翻弄されるビーバー

 

1970年に誕生させたのが、金沢の隣に位置する白山市の「福富屋製菓」。

その後、経営悪化により、「福富屋製菓」の菓子製造部門が独立し、「福屋製菓」となり、ビーバーの製造を行う。

 

しかし、その「福屋製菓」も2013年に経営破たん。

 

ビーバーの製造、販売を停止。当時は、まとめ買いをするひとも続出。

 

復活を求める声も多く、約1年後の2014年、金沢市の「北陸製菓」さんが、「福屋製菓」の従業員を受け入れ、レシピ・製法を引き継ぎ、復活させました。

 

気温と湿度のちょっとした違いで、食感が再現できずに、かなり苦労したそうです。

 

金沢・北陸土産に最適

 

お菓子としてだけではなく、ビールのつまみとしても、重宝されます。

地元民が復活を熱望し、北陸限定で金沢で製造されるレア感。

価格も安く、金沢・北陸土産のばらまき用にも最適です。

一度、お試しあれ。

 

・北陸製菓オンラインショップ

・北陸製菓直営ショップ「金沢彩匠」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください