金沢・北陸の音色"> 金沢の冬の観光なら最低3つは準備! | 金沢・北陸の音色 金沢の冬の観光なら最低3つは準備! – 金沢・北陸の音色
translation

金沢の冬の観光なら最低3つは準備!

冬の金沢 東茶屋街

冬の金沢は天気が不順        

白山で初冠雪があり、冬に一歩ずつ近づいている金沢です。


ども、ふぃじこです。

これからの季節、金沢ではカニ!、寒ブリ!とおいしい食べものが目白押しになります。

と同時に秋、冬の金沢は天気も目白押しになります。

酷い時には一日の中で、晴れ→あられ→→雪と移り変わります。

 

そんな天気ですので、北陸には昔からこんな格言があります。

「弁当忘れても傘忘れるな」

 

金沢に来て、テンションがダダ下がりしない為に、最低3つは準備!

 

                      

金沢和傘

 

 

 

まじで、弁当は忘れても傘は忘れないで!


ここに晴れ男、晴れ女の鼻っ柱が折られる気象台のデータが
あります。

平成8年までの過去30年間とデータは若干古いですが、
金沢の雨、雪の合計確率です。

 

11月:56.8%、12月:75.4%、1月:85.0%、2月:78.9%

 

ちなみに東京の雨、雪の合計確率は

 

11月:21%、12月:13.7%、1月:9.4%、2月:26.0%

 

もう、黙って傘を用意して下さい。

 

  

                    

いや、裸足はダメということじゃなくて。。。

出来れば防水で、すべらない靴にして下さいという意味です。


その理由は大きく2つあります。

 

①雨、雪そのものでグチョグチョになりますよ。

②道路に設置されている融雪装置のお出迎え。

融雪装置

  眠りにつく融雪装置

 

こいつが強力です。

運転時は頼もしいやつですが、半面水たまり製造装置と化します。

基本的には、こいつは車道に設置されていますが融かした雪を

車が跳ね上げ、歩道を水浸しにします。

 

もちろん、直接シャンパンファイトよろしく、

直接浴びることもありますので、ご注意を!

 

 

 

防水スプレー                 

防止スプレー

                 

 

靴だけじゃなく、カバンもガードを!

金沢の雪は水分が多く、サラサラの雪ではありません。

 

雨と同じ対策を。

また、靴のところでも言いましたが、

融雪装置からの水を車が跳ね上げることもあります。

 

 

 

まとめ                    

いかがでしたか?

金沢は、近年は、積雪量は減っていますが、国から指定を受けている豪雪地域です。

一旦、積もり始めると少し面倒くさい部分があります。

 

でも、金沢にはそれを補って余りある趣があります。

 

この雨と雪のおかげで、金沢で水不足というのは聞いたことがありません。

この水が、おいしいお米を作ります。加賀友禅も水が命と言われる程です。

 

金沢の文化を作った一部とも言えるので、雨・雪も込みで金沢を満喫して下さい。

傘、靴、防水スプレーの準備をお忘れなく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください